道路土工要綱 平成21年度版

2011年12月06日

道路構造令について(道路構造令の各規定の解説)

 道路構造令について(道路構造令の各規定の解説)は、道路構造令の各条文の意味、役割等の基本的な考えを紹介するために、作成されたものです。

 道路設計などで、実際の道路構造令の適用にあたっては、道路局ホームページ等で正式な条文を入手し、内容を確認してください。

道路構造令の各規定の解説の内容
全体版 (17.7MB)
T 道路構造令の概要 (0.2MB)
U 道路構造令の各規定の解説 (15.9MB)
 ≪各個別規定毎≫
  1.道路の区分と設計車両・設計速度 (1.6MB)
  2.幅員構成に関する規定(6.9MB)
   @ 車道の車線数と幅員、中央帯、路肩、側帯の幅員
   A 付加追越車線・登坂車線・副道
   B 自転車道・自転車歩行者道・歩道
   C 軌道敷・植樹帯
  3.建築限界 (0.6MB)
  4.線形 (2.0MB)
   @ 曲線部・緩和区間
   A 縦断勾配・縦断曲線
  5.視距 (0.3MB)
  6.構造物・工作物 (5.0MB)
   @ 路面構造に関する規定(舗装、横断勾配、合成勾配、排水施設)
   A 交差構造に関する規定
   B トンネル、橋・高架の道路等に関する規定
   C その他、構造物・工作物に関する規定
  7.専用道路 (1.1MB)
   @ 小型道路に関する規定
   A 自転車専用道路等に関する規定
V 道路構造令の特例規定の解説 (1.5MB)

PDF文書ダウンロード
 道路構造令について(1)
 道路構造令について(2)
 道路構造令について(3)


 市販されている道路設計基準解説書は、設計基準図書室で紹介しています。

posted by kuko at 07:40| 東京 ☀| 道路設計基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。