道路土工要綱 平成21年度版

2009年11月01日

道路構造令

 道路構造令は、道路を新設、又は、改築する場合に、その道路構造の一般的技術的基準を定めるものとして、内閣が、道路法 (昭和二十七年法律第百八十号)第三十条第一項 及び第二項 の規定に基づき、この政令を制定しました。

道路構造令 国土交通省

目次

この政令の趣旨
用語の定義
道路の区分
設計車両
車線等
車線の分離等
副道
停車帯
軌道敷
自転車道
自転車歩行者道
歩道
歩行者の滞留の用に供する部分
積雪地域に存する道路の中央帯等の幅員
植樹帯
建築限界
設計速度
車道の屈曲部
曲線半径
曲線部の片勾配
曲線部の車線等の拡幅
緩和区間
視距等
縦断勾配
登坂車線
縦断曲線
舗装
横断勾配
合成勾配
排水施設
平面交差又は接続
立体交差
鉄道等との平面交差
待避所
交通安全施設
凸部、狭窄部等
乗合自動車の停留所等に設ける交通島
自動車駐車場等
防雪施設その他の防護施設
トンネル
橋、高架の道路等
附帯工事等の特例
区分が変更される道路の特例
小区間改築の場合の特例
自転車専用道路及び自転車歩行者専用道路
歩行者専用道路
附則抄

 ワード文書 道路構造令.doc

posted by kuko at 07:52| 東京 ☀| 道路設計基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。